love2017’s blog

読書感想ブログ

夢は、紙に書くと現実になる!

こんにちはらぶです。

今回紹介する本はこちら

夢は、紙に書くと現実になる! (PHP文庫)

夢は、紙に書くと現実になる! (PHP文庫)

 

 まぁまぁタイトルからしてよくある「引き寄せの法則」系のドリーミンな女性に受けそうなキャッチ。そして内容もタイトルに偽りなしの素晴らしくアメージングな出来事のオンパレードなのですが(;^ω^A

騙されたと思ってやってみよう。

この本は全20章に分かれていて、それぞれの章の最後に「やってみよう」というワークが出てきます。私は最初読み飛ばしていたんですが、どこかの章の登場人物の悩みが自分とあまりにも合致していたため、試しにその章のワークに取り組んでみました。

未来について誰の制約もない状態でそして極めてポジティブに理想的な思いを綴るのは存外に楽しいもので(ただ、心のどこかで「そんな未来はありえない」とブレーキがかかっていた事も自覚しました)日付によるとそれは去年の5月14日の事でした。

予言された未来

実は今回紹介するつもりだったのは別の本だったのですが、急遽こちらに変更したのはその5月のノートを久ぶりに発見したからなのです。自分では書いた内容はおろか、書いた事自体忘れてしまっていたのですが。

そこには、まるで今日書いたかのように今の現状をずばり言い当てている文章が。

それっぽいとかいうレベルではなく今現在そのものが記されていて驚愕しました。

人間には不思議な力があるものなのですね。

これこそ全く完全なるノーリスクな理想実現法!皆様も是非お試しください。だってどうせ、当たるも八卦当たらぬも八卦じゃないですか(笑)

 

  • 夢を書くなんて気が進まない。そんなものを書いたところで、どうなるというのだろう?
  • 自分がなにを望んでいるのかわからない。
  • 欲しいものが得られなかったらどうしよう。〇〇だったらどうしよう。
  • ゆきづまったら、どうすればいいのだろう。
  • どうすれば夢をあきらめずにいられるだろうか。
ー各章では、こうした疑問に対する答えを示します。(序章より)

 

タイトルだけ見ると「思考は現実化する」に通じるが

考えた事、つまり思考した事を紙に書いて現実化するという事で、本書の中で著書であるヘンリエッタ・アン・クロウザーも何度かナポレオン・ヒルの言葉を引用している事からもわかるように、この著者もまた「思考は現実化する」を「思った事は実現する」という風に捉えたのだなと感じました。けれども、ナポレオン・ヒルの著書「思考は現実化する」とヘンリエッタのこの著書は、夢を実現させるためのアプローチ方法が全く異なります。ナポレオン・ヒルは極めて理論的に能動的に信念を持って計画を立てて戦略を練る事で成功すると説き、ヘンリエッタは深層心理にある宇宙に全てを委ね創造性を高め「サイン」を見逃すなと訴えます。

私は両者を見て、右脳型と左脳型というか男性的と女性的というか、そういった感覚を覚えました。

ただいくつかの共通項もあって、書く事で深層意識に働きかける、夢を明確化する、その通りになるのだという確信をもつ、などが挙げられます。

夢を叶えたい人に是非おすすめ

この本を読まれたら是非、遊び感覚でもいいのでワークをやってみる事をお勧めします。不安に思う事を書きだすワークもあるので、「叶えたい未来」ではなく「打ち消したい不安」にも対処できるようになると思います。(誰かがやってくれるのではなく、自分が対処できる思考回路になれるという意味で。)

書く事は昔からよく行われてきたことだと思いますが、改めて書く事の力を感じた一冊でした。

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

love2016.hateblo.jp以前こんな記事も書いてました。書くっていうことは実はもうその時点で信念を試されているとも言えなくもないかもしれません。

ここまでお読みくださいましてありがとうございました!

皆さまの夢が素晴らしい形で実現しますように、心よりお祈り申し上げます(*´∇`)ノシ マタネ~♪