love2017’s blog

読書感想ブログ

「スライト・エッジ」ジェフ・オルソン

思考を現実化する為に現実的な第一歩を踏み出す方法

 

スライトエッジ

スライトエッジ

 

 「スライト・エッジ」ジェフ・オルソン著 きこ書房

スライト・エッジ(わずかな違い)が人生の全てを変えるという話。

ベースになっているのはナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」という訳で、

マスターマインドや習慣形成の偉大なる力などが中心になっている。

 

  •  多くの人が良い習慣を身に着けようとするが簡単な事でさえ続かないのはなぜか?
  • 95%の人がやっていない、5%の成功者がやっている事とは?
  • 当たり前をきちんとこなす。
  • ゆっくりと、着実に。しかし遅い事が良いわけでは全くない。
  • 先人に学び、自ら行動する。その繰り返し

 

 ほぼほぼ内容は「思考は現実化する」と被るのですが、あれは成功の17原則すべてを記しているのでやや大風呂敷感が否めず、実際に実践しようと思うと何から手を付けたらいいのやらって感じなのですが、こちらは習慣にフォーカスしている為、

成功哲学は判ったけど、実際何をしたらいいわけ?色々やっても成果は出てこないし、難しい事は続けられないんだけど。」

という人がどうすれば成功できるのか、またどういう状況にあれば成功と呼べるのかも書かれています。

 

基本的に書いてあることはその通りだし素晴らしいし成功できそうって思えるし頑張る意欲もわいてきて素晴らしい本なんだけど。なんだけどさ。

 

本を読め本を読めって言っておきながら「ロマンス小説を読みまくってる女性が成功する日は来ない」とかぶっちゃけちゃったり、他人にどう思われるか気にしないようにという意味なんだろうが「自分がどんなに頑張っても、葬儀で本当に泣いてくれる人は10人かそれ以下だという記事を読んで驚愕した」というエピソードが書かれていたりとか、ナポレオンヒルから学んだ事以外での著者本人の人物像が垣間見える部分では

 

こいつかなり意味解らん・・・

 

と思ったのは個人的見解でございまする_(:3」∠)_

 

 

 

 

 

 

「宇宙までまるわかり!素粒子の世界」秋本祐希・洋泉社

可愛い擬人化された2等身キャラの挿絵イラストまで著者ご本人が書かれている素晴らしいサイエンス入門書。 

素粒子の世界

素粒子の世界

 

「宇宙までまるわかり!素粒子の世界」秋本祐希

 

タイトル通り素粒子の本です。

 

1章の「素粒子とは」で素粒子の本当に基本的な所の説明がされるのですが、丁寧にわかりやすく、そして可愛く説明してくれているのでその後の章がとても読み易くなります。

 

イラストがとにかく可愛いだけじゃなくてわかりやすいのが素人にはとっても嬉しいです。そして可愛い(2回言う)

 

科学読本は当たり前ですが著者が専門家であることが多いため、十何年もそれを専門に研究してきた方々の「わかりやすさ」と、全くのど素人の「わかりやすさ」は結構乖離があるのではないかなと思うのです。

 

何て言うのかな、専門家からすると知っていて当然で、敢えて説明する方が失礼みたいなレベルの話でも、素人には漠然としかわかっていない所とかってあると思うんです。

ってそんなん私だけかな……∃ヨヨョョ。+゚(ノД`)゚+。ョョヨヨ∃

 

この本は「宇宙までまるわかり!」にする為にまず初歩の初歩から丁寧に説明してくれて、その後に宇宙と素粒子の関係、ダークマターダークエネルギーのお話、超弦(ひも)理論、重力波そして最後は最新の研究施設までしっかり教えてくれます。

 

あとがきで知ったのですが、ブログに書かれていた記事をまとめたものだそうです。

higgstan.com

 

以下の書籍の方が新しいのでこちらも併せて読みたい。

科学は本当に日々新しい発見がされているから同じ素粒子でも新たに書かれた本の方が実際に近くていいと思う。

素粒子実験の世界

素粒子実験の世界

 

 

 

キャラクターでよくわかる 宇宙の歴史と宇宙観測

キャラクターでよくわかる 宇宙の歴史と宇宙観測