love2017’s blog

読書感想ブログ

「宇宙までまるわかり!素粒子の世界」秋本祐希・洋泉社

可愛い擬人化された2等身キャラの挿絵イラストまで著者ご本人が書かれている素晴らしいサイエンス入門書。 

素粒子の世界

素粒子の世界

 

「宇宙までまるわかり!素粒子の世界」秋本祐希

 

タイトル通り素粒子の本です。

 

1章の「素粒子とは」で素粒子の本当に基本的な所の説明がされるのですが、丁寧にわかりやすく、そして可愛く説明してくれているのでその後の章がとても読み易くなります。

 

イラストがとにかく可愛いだけじゃなくてわかりやすいのが素人にはとっても嬉しいです。そして可愛い(2回言う)

 

科学読本は当たり前ですが著者が専門家であることが多いため、十何年もそれを専門に研究してきた方々の「わかりやすさ」と、全くのど素人の「わかりやすさ」は結構乖離があるのではないかなと思うのです。

 

何て言うのかな、専門家からすると知っていて当然で、敢えて説明する方が失礼みたいなレベルの話でも、素人には漠然としかわかっていない所とかってあると思うんです。

ってそんなん私だけかな……∃ヨヨョョ。+゚(ノД`)゚+。ョョヨヨ∃

 

この本は「宇宙までまるわかり!」にする為にまず初歩の初歩から丁寧に説明してくれて、その後に宇宙と素粒子の関係、ダークマターダークエネルギーのお話、超弦(ひも)理論、重力波そして最後は最新の研究施設までしっかり教えてくれます。

 

あとがきで知ったのですが、ブログに書かれていた記事をまとめたものだそうです。

higgstan.com

 

以下の書籍の方が新しいのでこちらも併せて読みたい。

科学は本当に日々新しい発見がされているから同じ素粒子でも新たに書かれた本の方が実際に近くていいと思う。

素粒子実験の世界

素粒子実験の世界

 

 

 

キャラクターでよくわかる 宇宙の歴史と宇宙観測

キャラクターでよくわかる 宇宙の歴史と宇宙観測

 

 

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ) 汐街コナ・ゆうきゆう

頑張りすぎてしまう人

まだまだ頑張れると思っているのになんだか疲れてる人

どこまで頑張ればいいのかわからなくなっている人に

 

 

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

 

テーマは重いけど、漫画→解説→漫画という構成なのであっさり読めます。

 

 「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

もともとゆうきゆう先生の著書が好きで(最近の漫画で描かれたシリーズは読んでないのですが…)この本も監修がゆうきゆう先生だったので気にはなっていました。

 

けれども漫画の方の著者の方が「うっかり自殺しかけた」という体験は本当に過酷で、申し訳ないがこれを読んだ際に思った感想は

「これくらい追い込まれてる人は確かに常人であっても精神おかしくなるわ…」という納得感であり同時に「これくらい頑張らないと鬱になっちゃダメだよね…」という意味不明の劣等感でした。

 

ですのでこの本は「普段は精神科や心療内科とは全く無縁で、無縁だからこそ自分の精神状態の悪化に気づけない人に対して警鐘を鳴らす」という内容となっているのでもともと心が弱く普段から精神的に追い詰められやすい体質の人向けではないかなと思いました。ゆうき先生の解説は全般的な「追い詰められた人」に宛てられていますが、漫画の方はとにかく全編に渡って「過労死するくらいなら逃げろ」というメッセージで一貫しています。

 

普段健康だからこそ、精神的に追い詰められるという事の意味が解らない人っていると思います。身体的な怪我と違って、心の怪我は認識が難しい人もいるのは事実なので。

そういった人たちに対して「頑張りすぎないで」と伝える内容となっています。